メール
更新日2002.01.02
コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

p65阿夫利嶺(あふりね)

わが町の弘法山見ゆ国体の登山始まる風の吊橋

阿夫利嶺の夕映えを背に五十年勤めし夫が職終えて来る

半世紀勤めし夫を詠みし歌思ひがけなくわれ受賞す 全国大会

戦死せし兄の終の地中国の大地踏みしめ掌を合わすなり

さながらに生きゐるごとし兵馬俑の百九十糎の兵六千五百体

ふるさとの田の面は青くそよぎつつふくらみ初めし稲穂の匂ふ

趣味も持たず農に生きたる亡き母の漬けし梅干いろ鮮やかなリ

座布団に腰下ろして詠みませと友より賜びしムートン温かし

葉月末古希を迎えし記念としホースヘアのバッグ購ふ

たのしさもさみしきことも詠みつぎて花柄の手帳空白のなし

     
もどる
つぎへ