メール
更新日2002.01.02
コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

「ひたすらなる歌」〜合同歌集 「航跡」涛声短歌会

p10
わが家の前にてはげしく練る神輿祭りはいづれの顔も華やぐ
となり家の親子が太鼓打つときの手さばきの似る生き物のごとく
竹林に寅の描かる掛け軸を飾りゐし日の母の若かりき
ふるさとの山に野兎跳ね回り苗床のくづ掻きし熊手に
富士山を真近に仰ぎ橋渡る忍野八海の水のかがやく
皇室の名宝典に列なりて見ることの無き品々拝す
p11
御即位の記念の書物ひもときて文化遺産の偉大さに触る
病院のロビーに手話もて「早春賦」唄ふ音大生の音楽療法
見舞ふわれらペットボトルの楽器もちコーラス部員とひと時うたふ
ささやかなる食膳なれどいちはやく季節の物食む夫と対ひて
銀杏散る庭に佇み浴びをれば身は金色に染みゆくごとし
ふつくらと盛りあがりゐし綿の実の師走の雨にけふは萎(しな)へり
p12
新世紀六たび迎えし巳の年の茜の空に笠富士のわく
心憂き事なく過ぎて新世紀へひたすらなる歌わが詠みゆかむ
施しの水飴夜半につくりゐし母のなりけふ三十三回忌
列なりて榾木に椎茸生えそろふ実家の裏畑来れば安らぐ
春彼岸ツタンカーメンの花咲けば紫濃いゆき莢豆おもふ
桜咲く土手を行きつつ仰ぎ見る阿夫利の嶺は茜に染まる
p13
実をもぎてさする明治の梅の木は五斗余生らせてゆるぎなく立つ
われの名を呼び捨てにする肉親の減りゆく寂しさしみじみ思ふ
父母は古稀迎ふることなく逝きませり兄の戦死を嘆きしのちを
蓋に龍の描かれし重箱盛りあがる祝ひの膳に古稀の初春
二千年の立春のけさの白梅の香のたちくれば心浄まる
雪積る山中湖畔に富士山を背に撮られをり風に吹かれて