メール
更新日2002.05.30
コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

「花の祭り」涛声短歌会「夏号」

p4
如月を冷房バスに揺られゆく沖縄の祭りと世界蘭展

胡蝶蘭カトレアの香にむせびつつ幾千本の花苑めぐる

五色(いついろ)のパンヂーの花片揺りながらみな早春の日を浴びてをり

鮮やかなる朱色目に泌む首里城の国王の椅子の螺細づくしは

玉泉洞の地下に広がる珊瑚道に「ひねくれ仏」のまなざし優し

ふたたびをひめゆり祈念館を訪ねきて勝利を信じし少女らに逢ふ

戦跡にししたる人らに謝しゐつつ摩文仁の丘にわが献花なす

水牛が眼をうるませてわれに寄る琉球村にて共に写さる

海底がグラスボートに映されて珊瑚鮮らし魚も勢ふ

蝶ハウスの蝶ことごとく人に馴れ観光客の頭を飾る

もどる
つぎへ