メール
更新日
2002.08.10
コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

 

「兄を憶ふ」 涛声短歌会「夏号」汐韻集 1995年 No.50

p8
息子二人甲種合格なりしよと 誇りいましき父は笑顔に

窓の灯の青くにじみて兄はひとり 歌集よみゐき出征前夜

十人の出征兵士の代表なる 兄の挨拶神社に徹る

征く兄の乗りたる電車追ひかけて 五十余年前がいまも顕ちくる

黒ぐろと実れる蕎麦の赤き根を 刈り行く兄の後追いし日

流れ行く雲にのりゐる思ひなり 遠き日の春をただに偲べば

家族らと乗馬と写し写真残し 征きたる兄の遂に帰らず

学べよと妹われへの軍事葉書 五十余年経るも捨てがたく持つ

征きし兄早死しましし父母の 供養に詠まむか鎮魂のうた

忘れてはならぬこととし五十余年ののちを 詠みつぐ凛々しき兄を

少女期回想