メール
更新日
2002.11.24
コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

濤声秋号

「祝賀の席に」涛声短歌会「秋号」

p20
震生湖の空穂の歌碑に額づきてその歌を誦すひばりと共に

師の心継ぎて濤声創られし先生の辛苦今ぞ報はる

渚辺に春の潮の寄するとき「濤声」われらの短歌(うた)を聴かなむ

濤声の二十周年を祝ぐ席にけふの師の顔かがやきて見ゆ

丹沢の里より出で行き二十周年の祝ひの席につつしみて座す

逝きし女(ひと)へ伝えたかりし二十年をたゆまずに師の導かれしを

朴の花浮きたち咲けるホテルにて再会約し友らと別る

紅白の薔薇を活けつつ思い出づるこころ充ちたる記念の会を

心うつ身近な短歌(うた)とわが歌に子の友イギリスよりメール呉たり

世界の人インターネットといふ濤(なみ)にのりしわが歌見てくれしなり

 

もどる
つぎへ