メール
更新日
2002.11.24
コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

濤声冬号

「想ひ」涛声短歌会「冬号」

p4

阿夫利嶺に綿雲湧きてやはらかにわれの頭(かうべ)を過ぐる風あり市役所脇の雨降嶺

丘の上に建つ日赤の屋上より見れば健やかにはだの全景秦野全景日赤屋上より

新しき桜橋成るほうすけ鳥・さくらの描かるその橋渡る新さくら橋

上海の大学の孫ソルトレイクの子らの身思ふ短歌(うた)詠みつつ

垣の根にローズマリーの仄かなる香りただよふ夕べとなりて

紅白の彼岸花咲く墓地に来て願ひ事多き身は香たむく

さみどりの蘗生ふる田に佇てば稲むら積みし若き母顕つ

落花生の葉のとづる間も草抜きて夕日に染みきひとり畑に

茎紅き蕎麦を刈りゆく黄昏を父母の手早しわれも後追ふ

葉たばこの立毛品評会一等賞の旗立てゐき父の背おもふ