メール
更新日
2003.3.1
コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから
「想ひ(二)」涛声短歌会「2003年 春号」p33

 

とどこほる思ひにをれば十五歳(じふご)の兄と七つのわれは氏神にいく

元服の祝ひをなして数年後に戦死せしこと未だ信じ得ず

仲麻呂の墓にてその歌くちずさみし遥かなる日の西安思ふ

戦死して六十年経るも夜の更けは読書せし兄またも顕ちくる

山椒の赤き実髪に簪とさして笑まひき若く死にし友

童心にかへるひととき白秋の童話館にて「ゆりかご」唄ふ

咲き出でし極楽鳥花の下に来て子雀一羽が寄り添いてゐる

金盞花ガーデン灯に照らされてオレンヂ色の夜目にも目立つ

嫁ぎ来て五十年経るも実家より無農薬野菜・新米賜ふ

丹沢の山並み晴れて清々し未年なる娘(こ)が仰ぎをり

丹沢の写真にジャンプ