メール
更新日
2003.06.28
コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

今年もつばめが我が家に訪れました。そしてあらたな家族で 旅立ちます。

p16
さやかなる五月の朝をつばめ来て 白壁に泥をつけて翔び去る

玄関につばくろの巣をつくりゐて 泥のひとひらうなじに落とす

よい事を運んできてと巣を見上げ幼がつばめにもの言いてゐる

みじろがず巣に入るつばめのつぶら瞳(め)と 覗くわが眼の時に合いたり

口あくる六羽の雛に親つばめ 順に餌をやる違(たが)ふことなく

巣に輪どり首のみ見せていとけなき つばめいのちのよろこびあふる

雨のなか擦れ合いながら餌はこぶ 燕に賑はふわが梅雨の季(とき)

藁しべの垂りたるままの巣を去りぬ 燕はすずしきこゑ残して

五十年舅の忌の朝巣立ちたる 燕らは今海を渡るか

法要のすみて燕も去りゆきて 六輪の白百合初夏の陽に照る

もどる
つぎへ