メール
更新日
2003.11.24
コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

「生きる」〜涛声短歌会 2003NO.83 「秋号」

p4
九十四年生きたる友の通夜に見るビデオに知りたり短歌詠む日々を

友の画きし羊の夫婦ふくよかに焼香台の前に飾らる

またひとり短歌の友どち葬り来てしみじみ思ふ生きて詠みたし

花過ぎてリラの緑葉さやかなる風に吹かるる夏待つごとく

怠りて詠み得なき日々ゆるやかに梅雨の晴れ間を雲は流るる

ゴーギャンといふ名前の向日葵丈ひくく咲き出で黄(きい)のその色まぶし

咲きいでしモネの向日葵小さきに大輪見慣れしわれはなじめず

梅雨明けむ空の暮れ方濃き虹の架かれば願ふ詠み長き日を

合歓のはな葉末に咲くを雨のなか母と見し日の甦りくる

わが心澄みゆく覚ゆ「大岳」の「さらさら生きる」読む梅雨の日に

もどる
つぎへ