メール

更新日
2004.09.14

コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

「磯部 初江〜藝術百家第十七編」 アートコミニュケーション編

p234

丹沢の鶯のこゑ録音し聴かせてくれたり息子は母の日に

明日よりは魔のテストと言ふ末の娘の部屋に活け置く白梅二輪

踏切を渡りて行けば富士山を真向ひにして娘の新居あり

趣味も持たず農に生きたる亡き母の漬けし梅干いろ鮮やかなり

姑逝きて再びめぐる新月を看とり終はりしさみしさと対く

父母は古稀をむかふることなく逝きませり兄の戦死を嘆きし後を

丘の上に建つ日赤の屋上より見れば健やか秦野全景

わが町の夕暮の歌碑をめぐり来て短歌にかがやく一生思ひぬ

実朝を詠みしわが短歌その祭りに献吟されしをつつしみて聴く

阿夫利嶺の夕映えを背に五十年勤めし夫が職終へて来る

古稀も過ぎ金婚も経て新世紀へひたすらなる短歌わが詠みゆかむ

たのしさもさみしきことも詠みつぎて花柄の手帳空白のなし

もどる
つぎへ