メール

更新日
2006.04.1

コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

「市制五十周年」〜涛声短歌会 2006NO.93 「春号」

p9

波多野氏の流れを示す系図見終へ古代の食(じき)を味はひにけり

奥深く百人一首を述べ給ふ講師の面のおだやかにして(神作光一氏)

市制成る年に生(あ)れし娘(こ)も五十歳家族みな職もちて暮らせり

五十年勤めし夫を支へきて平凡なる日々わが健やけし

五十余年共に暮らせる夫なれど労ふ言葉口にせざりし

長命のひと生きすぎと言ひゐつつボランティアする雑布縫ひて

丹沢湖「時之栖」宮ケ瀬のイルミネーション師走を観にゆく

はらからと笛吹公園にてあふぐ夜の富士山の迫りくるごと

山里に清らかなる水をもたらしてわがふるさとは今も変らず

昇る日に戌年の空かがやけり恙なかれとひたに祈らむ

もどる
つぎへ