メール

更新日
2007.05.02

コピーリンクはメールにて事前にお問い合わせください。
メールはこちらから

「ジンジャーの花」〜涛声短歌会 2006NO.96 「冬号」

p4

旅立ちと思ひをりしを子燕ら 一瞬の間(ま)に烏食はる

幾たびを親つばめ巣を巡りをり 烏撃つゆゑ来年も来よ

九十二歳(くじゅうふに)の短歌(うた)の友来て良きうたを 見せて欲しいと穏やかに言ふ

涼やかに野に咲く秋の花のなか はらからと行く肩触れながら

無花果をもぎし日ありきふるさとの 裏畑はいま肉桂の香の充つ

高校のわが孫を諭し弟は 幼き自が孫の行く末頼む

癌といふ病には克てず弟の 遂に逝きたり伊豆の旅終へて

人生の終りを弟の安らかなり 家族(うから)のこころを守るがごとく

戦死せし兄の挨拶せし次兄 今また弟の葬りの礼言ふ

眉月のさす庭隅にジンジャーの 大輪の花の匂ひ漂う

もどる
つぎへ