「初地蔵」〜涛声短歌会 2007NO.98 「夏号」

p4

姑の二十三回忌済ませ来て墓前に供ふ庭の花ばな

はらからと初地蔵尊行く途にて亡き弟に似る人に遭ふ

似る地蔵に逢へるとふ謂れを信じゐるわれに女(ひと)ゐて話し掛けくる

いのちあることを有難く仰ぐ富士節分の朝を雲一つなし

初午の幟はためく「白笹」の稲荷の梅はいま盛りなり

目白啼く弥生つひたち温くして凋める梅も実を育てゐむ

寒ざむとクリスマスローズの花揺れてホワイトデーの富士も真白し

月に二度わが出すはがきを姪の子は郵便受けに日々佇つといふ

「はくちやうにぱんあげました」とふはがき五歳児の文字に心和めり

大学の合格を告げ「三度の食いまはつくる」と孫の言ひたり

もどる
つぎへ