「祝ひの席に」〜涛声短歌会 2007NO.99 「秋号」

p20

六月に向日葵一つ咲き出でて友の病ひの癒えし知らせ来

大輪のアナベル紫陽花ましろきを 活け終へし時友の訪ひ来る

水無月を命日とする友らへと スイトピーの色にそれぞれ偲ぶ

池なかの睡蓮の根に姫目高 たまご生みつくむれ泳ぐなか

一面に田植えの済みしを実家(さと)の田は 作付けのなし兄の病めれば

賑やかに餌を待つ五羽の子燕の 烏に狙はるる日々を見守る

百二歳の母と家守(も)る一生(ひとよ)なり友の歌集は 「栗をたべませうお母さん」

二十五周年記念歌会に大岡師を偲ばれ 初心を語ります師か

夫ぎみの介護とわれらを導くと 励ませる師にひた従きゆかむ

「五月抄」の出版祝ふと集ひます 歌びとあまたの言の葉の沁む

もどる
つぎへ