「自選20首」〜涛声短歌会 2007NO.100 「冬号」

p11

憂きことも消(け)ゆきて真蒼(まさを)き空の下観音崎の灯台に立つ

良き事はすべて求むる心もち身の健やかに日々を過ぐさむ

新宿にて受けたるバイオスキャナーの検査の結果よしけふ七十五歳

奥深く百人一首を述べ給ふ講師の面のおだやかにして(神作光一氏)

宇宙素粒子を人柄見せて説きましぬ諦めず夢つらぬく事を

考へて考へ抜けば事成すと小柴氏語りセミナー終る

実朝を詠みしわが短歌(うた)その祭りに献吟されしをつつしみて聴く

仲麻呂の墓にてその歌口ずさみ遥かなる日の西安思ふ

申年の父の在さば百八歳(ひゃくやつ)か鐘の音(ね)胸ににひどし迎ふ

にひどしにわが短歌(うた)載りたる二冊の書「芸術百家」「花鳥風月」

五十余年共に暮らせる夫なれど労ふ言葉口にせざりし

昇る日に戌年の空かがやけり恙なかれとひたに祈らむ

弧状なす水平線見え御前崎の海限りなくきらめき渡る

六十年喫ひこし煙草止めたりと夫の言ふなり事も無き態に

二十五年記念歌会に大岡師を偲ばれ初心を語ります師か

夫ぎみの介護とわれら導くと励ませる師にひた従きゆかむ

身の丈の短歌(うた)とふ読めば安らぎぬ「五月抄」の友の歌のことばは

百二歳の母と家守(も)る一生(ひとよ)なり友の歌集は「栗をたべませうお母さん」

実家(さと)の畑に出で来し猪栗の実の大粒のみを食みて去るとや

母よりも十一年を長く生き母詠まざりし短歌(うた)をわが詠む

もどる
つぎへ