「ラヨーンウイッタヤコム校」〜濤声短歌会 2008NO.101 「春号」

p9

日本語を教へむとタイの高校へ行きたる孫をコンピューターに見つ

朝礼の校長の傍へに犬のゐて青空広くおだやかなる景

体育祭の踊りと写真を好むといふ生徒ら教師と準備に迫はると

みづからは奢るなき国王国民へ金を使ふと親しまるを言ふ

生徒らに年賀の書き方教へゐる孫の傍らに富士山のあり

公孫樹(いちょう)の木五十余年を生きつぎて今年限りと聞くに哀れむ

晴天の師走の空へ公孫樹葉のかがやき満ちて果てしなく舞ふ

散りしける公孫樹もみぢを幼児は両手にかざし遊びころげる

一葉なき大き公孫樹に鳥ら来てことほぐごとくさへづりにけり

水あめを夜なべに作る母なりき在さばことし百八歳(ひゃくやつ)ならむ

 

もどる
つぎへ