「花のいのち」〜濤声短歌会 2008NO.102 「夏号」

p32

母子草なづなの花に犬のふぐり小さきはなに蜆蝶舞ふ

姫めだか小田原目高水槽に泳ぐを覗く話かけつつ

金盞花クリスマスローズすみれ草根強くありておのづから咲く

薄紅の神代桜の咲き出でてかすかに匂ふ我が家の庭に

温かく診てはくださるこの医師に縋る思ひをわれは忘れじ

数年を生きたる心地なく過ぎて四月(よつき)にて治せる医師に逢ひたり

昇る日に沁みじみ思ふ生き得しと「七沢」の医師への感謝は尽きず

白梅に赤きばら活けわれを待つ家に帰りぬいのち在り得て

わが町の桜の名所に誘はれてライトアップの花をば見上ぐ

うぐひすの初音聴きつつ墓の義姉(あね)に実家(さと)を守りし礼をのべたり

もどる
つぎへ