「けふを安けく」〜濤声短歌会 2008NO.104 「冬号」

p4

若きらの神輿の掛声に合はすごとゴッホの向日葵鮮やかに揺る

三歳の男(を)の子数多が半纏着て神輿担ぐに親ら従きゆく

夫婦なる蝉にありしやみかんの葉の上にふたつの殻の残れり

真向ひの空に花火のきらめけり涼風たちきてけふは立秋

朝まだき葉たばこかきゐし手捌きの良き母なりき今にし思ふ

たばこ祭り六十一回の花火なり三十分を見れど見飽かず

「千の風」夫の墓前にて唄ひしと詠ましし歌会が終となりたり

わが町に親しみもつと歌会にて言ひし人の面影しのぶ

つつがなく一日終へたり脳梗塞病みたる夫もけふを安けく

石垣の温きに凭れて空仰ぐ平穏にある明日信じつつ

もどる
つぎへ