「ラヨーンウイッタヤコム校(二)」〜濤声短歌会 2009NO.105 「春号」

p4

カナダへと二人の妹旅立つに無事に帰れの一言贈る

あまたなる写真とメープルクッキーを食めば旅ゆく足腰病めど

わが以心伝心妹のみやげのビイバアが衿元温(ぬく)む

霜月の澄みたる空に綿雲の湧けると見るにたちまち時雨(しぐ)る

笹の葉に短冊吊す生徒らの傍へに浴衣の孫は授業す

朝礼に七夕の歌唄ふとぞ広き芝生に犬も腹這ふ

生徒らの作るむすびに三角と長方形あり海苔も巻かれて

泳ぎつつピンクの海豚ピンクの鞠を若者の手より素早く受ける

大空に椰子のそびゆる常夏を 練習するとふ正月の唄

にひどしを九十六(くじふろく)歳なる友にして健やかなる日々うた詠みいます

もどる
つぎへ