「若きらを思ふ)」〜濤声短歌会 2009NO.106 「夏号」

p5

葉ぼたんの紅白十(と)株生き生きと葉を広げたり大寒の朝

立春にクリスマスローズ咲き出でて病ひ癒えたる友が見に来る

実朝の一本彫像宝ぞと和尚と偲びき「さざんか歌会」に

供養せる住職逝きて鎮もれりみしるし塚に寒月の冴ゆ

多(さは)に採る菜の花をわが持たせやれば老と幼に笑顔があふる

壁に背を脚は上げ下げする体操日課となせり高齢者われは

無理のない運動をして栄養に気遣ひストレスのなき暮らしをばせむ

穏やかに睡眠をとりありがたうの感謝の心もちて生きなむ

病まざれば高齢者とて生き得るを若きらに職の無きは痛まし

若きらの就職定(き)まれとひた願ふ いのち一ぱい桜は咲けり

もどる
つぎへ