「励みとなして」〜濤声短歌会 2009NO.107 「秋号」

p5

夕暮の碑に刻まれし名にうかぶ友の短歌に思ひ偲ばる

緑濃き実家(さと)の山やま聳え立ち落込むわれは励まされゐつ

庭草をむしる傍へに白蝶のふはふは舞ひゐてわが手休ます

巣立ちたる子つばめ五羽が夜半もどり身を寄せ合ひてわれを見てをり

わが庭を賑々しく飛ぶ七羽なる燕すいすい青空に消ゆ

逢ひたしと電話に聞きて訪ひけるをすでに身罷る友はひそかに

ひまはりのマンチキニンの数多咲き梅雨の晴れ間に明るさを増す

向日葵の大輪の花咲き揃ひ友を喪くしし憂ひの薄る

わが訪へば良き短歌(うた)作れと常に言へり九十七歳になりたる友は

生き延びし余命を作歌為すと言ふ友に倣ひてわれも詠みなむ

もどる
つぎへ