「癒されて」〜濤声短歌会 2009NO.108 「冬号」

p5

電線に番ひの鳩の睦み合ひわれは見てゐつ黄昏どきを

カサブランカ向日葵ミニのトマト伸び子供神輿が賑やかに過ぐ

本堂を出づればひと声ひぐらしの鳴きたり姑(はは)の御霊かとおもふ

ガスレンヂ十年余もつと妹が傘寿の祝に買ひて呉れたり

白バラにガーベラ向日葵とり混ぜて贈り賜へり生きの祝と

生き延びし命の限り作歌すと決たる秋のひと日友の顕つ

風鈴の清しく鳴れる夕映の窓辺に倚れば短歌(うた)の湧き出づ

愛犬が十六歳とて賞を授かる獣医師会よりわが若ものは

娘(こ)らの家を十八年間守り来し「レオ」死して小さき壺に納まる

わが訪へば腰を押し呉るるレオなりき皆のこころに癒しもたらす

もどる
つぎへ