「心健やか」〜濤声短歌会 2010NO.109 「春号」

p26

寅年の兄と妹病みつつも心健やか逢えば笑顔す

高だかと皇帝ダリアの咲きにけり白厳かに立冬の朝

ひこばえの名を若きらに教へつつその直立を腰伸ばし見る

豪州へ研修の子の七日間をビデオに見入る夫と並びて

「アボリジニ」の染めしスカーフの柄珍し目立つ色なれ衿に温とし

秋冷を逝きにける友か全身を癌に冒さるも優しかりしよ

嫁ぎ来て五十余年の友なりき子息にあえば涙のこぼる

義姉(あね)の忌の墓前にて住職言ひましぬ阿夫利の峰の色づき初む

ハンガリー土産と花の刺繍のある鞄を呉れる妹は軽きと言ひて

傘寿まで過ぎ来し身なれば後十年健やかに生き短歌(うた)を詠みたし

もどる
つぎへ