「神代桜」〜濤声短歌会 2010NO.110 「夏号」

p5

西空に十六夜の月残りゐて日は昇りくる穏やかなる朝

石垣に腰を下ろして日を浴びる初恵比寿講に短歌(うた)詠まむと

白梅に来るひよどりが目が合ひし時より椅子のわれを先ず見る

福寿草・菜の花・水仙陽に向ひ花はいのちの限りかがやく

四五輪の神代桜咲き出でぬ弥生八日の寒風のなか

友の死の哀しみ消えず真白なる神代桜はあふるるばかり

もう一度語り合ひたきわが友よ悼みつつ墓前を去りがたくをり

穏やかに生きたる従姉妹か密やかに逝きて了へばひとり謝しゐつ

去年死せる友の数多の短歌(うた)偲びその歌読みて供養となさむ

長らへて年毎桜の下に佇ち一期の思ひを短歌(うた)に託さむ

もどる
つぎへ