「植樹祭」〜濤声短歌会 2010NO.111 「秋号」

p25

森林の緑が雨に耀ひておんほほゑみの両陛下迎ふ

麦畑の中へと作引く父に対ひて落花生の種を蒔きゐき(植樹祭詠)

葉たばこの耕作終りて栗の実の生(な)れば早くも猪に食はれき

森林を守れと県より指令あり兄は朝夕バイク巡らす

延暦寺より賜はりし「保徳」納め了へ十九代の兄粛として逝く

茜雲ふはふは湧き震生湖へやがて消えゆけり兄の葬り日

向日葵の大輪一つ咲きいでて梅雨の晴れ間の風にゆらげる

清すがと夏椿咲き人の心に沁むる短歌をわれは詠みたし

子燕の五羽が烏に奪(と)られたり日び見守る一瞬の間を

直ちにも巣立ちゆかむをすべもなし親つばめ鳴き闇を飛びをり

もどる
つぎへ