「年の初め」〜濤声短歌会 2011NO.113 「春号」

p26

とほき日の山路に会ひし野兎の子を思ひ出づ年の初めに

平穏に六十五年を過ぐしきて時をり戦死の兄を憶へり

大輪の「泉郷皇女」といふ菊に癒されてゐる立冬の朝

晴れ渡る体育の日を庭に出で片足上げて立つ十二秒ほど

健やかに死ぬるまで元気を目標に手を振り歩く小走りもして

加齢ゆゑの脊柱管狭窄症の足腰をきたへむとして庭の草ひく

急死せし友の百箇日早やも過ぐ歌会の言葉の潔かりし

肉親も短歌の友らもみな逝きてその名を呼びぬ宵闇のなか

月の輪熊牛舎の傍へに捕へらる「再び来れば撃つ」といふ義弟(おと)

歌友らと実朝まつりに香(かう)たきし時の偲ばる歩けぬ今は

もどる
つぎへ