「ラヨーンウイッタヤコム校(三)」〜濤声短歌会 2011NO.114 「夏号」

p3

学校の創立百十一年の記念パーティは青空の下

タイスピーチ大会県の一位なるは孫の生徒とふ溢るる笑顔

懸命に学ぶ日本語を生徒らを尊敬してをり教師の孫は

日本の大学に学びたしといふ日本語われより上手に語る(一位のヨックさん)

両親を従姉妹を孫は一週間タイ巡りさす娘(こ)も珊瑚婚か

ろう梅のかをれる寺に為しにけり二十七回忌の姑(はは)の法要

いのち在らば姑の三十三回忌われは米寿となりて拝まむ

屋根に来て忙しく烏の啼きたてば病む友癒えよとこころに念ず

冷ゆる手を擦りつつ出づる庭の辺に福寿草咲く如月の朝

陽春の息吹を吸ひ寄せ出でそめし辛夷の小さき芽いくつがひかる

もどる
つぎへ