神奈川県歌人会六十周年記念集「植樹祭」

p203「秦野」

森林の緑が雨に耀ひておんほほゑみの両陛下迎ふ

麦畑の中へと作を引く父に対ひて落花生の種を蒔きゐき

葉たばこの耕作終りて栗の実の生(な)れば早くも猪に食はれき

森林を守れと県より指令あり兄は朝夕バイク巡らす

茜雲ふはふは湧きて震生湖へやがて消えゆけり兄の葬り日

もどる
つぎへ