「生きる希望を」〜濤声短歌会 2011NO.115 「秋号」

p24

震災に原発つづき戦火よりきびしき世にて生きる希望を

大津波に流され死せるまだ不明のみ霊安かれとただ祈るのみ(七七忌)

海の果水漬くかばねの黄泉ならむいま百箇日の祈り寂しむ

杳き日に故郷の山越えましし釈迢空の「死者の書」を読む(夕暮祭)

「夕暮」の講義をしましし三人の師もすでに逝き資料に偲ぶ(杉山氏宮本氏野村氏)

梅雨晴れて柏葉あぢさゐ咲く見つつ花を賞でゐしし友を顕たしむ

カサブランカ向日葵の花さゆらげる今日の祭りの無きを知るごと

夫婦なる鳩か舞ひをり声かくるわれを無視して餌を啄む

われなりの八十路過ぎての努力かと自負もち小さき幸に満たさる

夏越(なごし)にて茅の輪くぐりし日もありき心清めて盛夏を待たむ

もどる
つぎへ