「昇りゆく月」〜濤声短歌会 2011NO.116 「冬号」 p4

六十五年戦後を生き得つ震災に原発・台風きびしきなかを

軍服の兄の遺影の若くして同胞(はらから)も老ゆわれは八十二歳

百日紅あかく燃えたつ猛暑の日々逝きたる人のひたに偲ばる

震災を知り得しものかこの年の燕は来たらず待てどまてども

激しかる台風去りて澄む空にありがたうと言ひ洗濯物干す

パピルスにウコン・女郎花壺に挿し昇りゆく月ひとり見てをり

葉たばこの一反八畝の芽をかきし日のあり現在竣(いまな)る第二東名路

たばこ祭りの花火もわれは歩けねば二階より遠くひとりみてゐる

海外へ子も孫達もさつと行きわれは重荷を抱きて待ちをり

スイスにて行きしとふ世界遺産をばビデオに見する娘羨しむ

 
もどる
つぎへ