「昇る日に」〜濤声短歌会 2012NO.117 「春号」 p24

新しき年の始めにとり出だし龍の置物飾るよろこび

震災の人ら安かれ温かれと祈りを捧ぐひた昇る日に

仙台の小学生なる姪の子らわが腕つかみ地震(なゐ)を聞かせり

被災者の苦悩に安らぎ賜はれと一番星にひそけく希ふ

痩身なれ友は歌会も無欠席に九十五歳(くじゅうご)の今も曽孫詠みをり

大輪の「富士の輝き」とふ菊の黄色の厚咲き飽かず見てをり

歌どちの面かげ顕たし菊を見つ三年前は共にぞ見しを

七十億の人類のひとり短歌(うた)を詠み命つきるまでわれは過ぎたし

乗馬クラブ・老人ホーム・蕎麦の里わがふるさとは名所の多し

高々と皇帝ダリアは咲きゐたり新嘗祭のけふを謝すごと

 
もどる
つぎへ