「自選20首」〜濤声短歌会 2012NO.119 「秋号」 p8

 学校の創立百十一年の記念パーティーは青空の下

 タイスピーチ大会県の一位なるは孫の生徒とふ溢るる笑顔

 懸命に学ぶ日本語を生徒らを尊敬してをり教師の孫は

 日本の大学に学びたしといふ日本語われより上手に語る(一位のヨックさん)

 両親を従姉妹を孫は一週間タイ巡りさす娘も珊瑚婚か

 らふ梅のかをれる寺に為しにけり二十七回忌姑(はは)の法要

 いのち在らば姑の三十三回忌われは米寿となりて拝まむ

 ひこばえの名を若きらに教へつつその直立を腰伸ばし見る

 豪州へ研修の子の七日間をビデオに見入る夫と並びて

 「アボリジニ」の染めしスカーフの柄珍し目立つ色なれ衿に温とし

 温かく診てはくださるこの医師に縋る思ひをわれは忘れじ

 数年を生きたる心地なく過ぎて四ケ月にて治せる医師に逢いたり

 昇る日に沁みじみ思ふ生き得しと「七沢」の医師への感謝は尽きず

 白梅に赤きばら活けわれらを待つ家に帰りぬいのち在り得て

 たばこ祭六十三回となり共に見し亡き人顕たす揚る花火は

 夏越にて茅の輪くぐりし日もありき心清めて盛夏を待たむ

 あまたなる写真とメープルクッキーを食めば旅ゆく足腰病めど

 わが思ひ以心伝心妹のみやげのビーバーが衿元温む

 巣立ちたる子つばめ五羽が夜半もどり身を寄せ合ひてわれを見てをり

 わが訪へば良き短歌(うた)作れと常に言へり九十七歳になりたる友は

もどる
つぎへ