「海の底ひに」〜濤声短歌会 2012NO.119 「秋号」 p70

 桜(はな)のまた咲き満ち兄の三回忌の法要の日も間近くなりぬ

 観音院のしだれ桜の木下(こした)よりクリスマスローズへ蝶は移らふ

 身近なる人はみな逝きおもかげの顕つとき供養とわれは歌詠む

 十四年の記憶の友なり「イオン」にて逢へばその手をはなしがたしも

 友の母君いまだ見つからず一年余を南三陸町海の底ひに 

もどる
つぎへ