「千日紅」〜濤声短歌会 2012NO.120 「冬号」 p4

 千日紅・サルビア・秋桜一雨ののち生き生きとしてわが目を癒やす

 野良仕事子に教へねば死ねぬとふ九十五歳の友は収穫を詠む

 教へらるる友の歌集か植物に八十三歳われの知り得しことば

 シンガポール・マレーシア・タイへの船旅に子は脳梗塞の父を連れゆく

 ひとりゐて「この素晴らしい世界に」を聴く締切間近き短歌を詠む夜

 初めてを水陸両用のバスに乗りマーライオンを見る夫の目は澄む(シンガポールにて)

 マレーシアの人力車に夫は子と並び市内を巡る珍しさうに

 ロウケツ染めの工場見学せしと言ひわれに土産とスカーフを呉れぬ

 水族館のプーケットに大き魚飼はれ口開けてをり夫も魚も

 船橋より海を見下す夫のをり麻痺の傷みを沈めたりしか(スターバーゴにて)

もどる
つぎへ