「ハレアカラ山」〜濤声短歌会 2013NO.121 「春号」 p7

 巳の年を七廻り生きて願はくば戦死の兄を足して生きたし

 雲の上(へ)に富士の高さのハレアカラ山車椅子にて夫は子と見る

 「ハナ」の海の水平線に虹の立ち夫の笑顔はひたにかがやく

 静かなる真珠湾なり戦死せし人を偲べば涙あふれ来

 未だ見ぬ曾孫の紗衣ちゃんに会ひたかり集中治療のさなかに在りて

 安静にベッドに過ぐしせつかちを治せば長く生きらるるとぞ医師は

 窓際に湘南平を見てをりぬ鳥飛び交ふもベッドの上より

 搾乳の合間に見舞ふる妹夫婦顔色よしと口ぐちに褒む

 母よりも十七年を多く生き曾孫の短歌(うた)を詠めるしあはせ

 スペインの刺繍のかばんを歌会(うたくわい)に持てと土産にくるる妹

もどる
つぎへ