「時はかへらず」〜濤声短歌会 2014NO.125 「春号」 p25

 馬に乗り征きたる兄の凛々しかる 昭和十七年の時はかへらず

 恋もせず征きたる兄を大好きで 嫁になりたしと言ひし女(ひと)あり

 朝早き散歩の帰りに逢ふ犬が 庭に入り来て挨拶をする

 隣の家のひとの作れる食は みなまことに旨し今日もいただく

 園児らの大勢行きつつわれを見て 手を振る親子みなお辞儀して

 日々空を仰ぎてをれば沁みじみと 先生の短歌(うた)が心にひびく

 モロッコへ一週間の旅をする妹は われに「死なないで」と言ふ

 葬式をすでに終へたる友の母 二年九か月を海の底ひに (南三陸)

もどる
つぎへ