「生きる希望を」〜濤声短歌会 2015NO.129 「春号」 p9

 未年の娘(こ)との思ひ出なつかしも 大学に招かれ学びしことも  (娘の勤める大学)

 笑顔なるわれに逢ひたしと友の手紙来て 生きる希望を持たせ呉れたり

 生きるのも大変と言ふ人あり われは生き抜く事を思ひぬ

 プラチナ婚あと十年と前向きに 生きむ願ひをひそかに抱く

 立冬のけふ山ぶだう酒にて乾杯す 守り神在(おは)りしわれは生きゐる

 何事も懸命なるが取り柄にて 感謝されしも今は懐かし

 地震(なゐ)ありしとき日本舞踊を踊りゐるは 姪の子なるをアイパッドにて知る

 退職ののちを無農薬野菜作りゐる 娘(こ)の夫いつも届けくるるよ

 三年(みとせ)余を海の中なる友の母 南三陸に波風たつ

もどる
つぎへ