「長寿桜」〜濤声短歌会 2015NO.131 「秋号」 p5

 やはらかき春の光を受けて咲く ローズマリーの薄き空色

 紫の長寿桜を壺にさし 長寿叶ひしわが頬ゆるむ

 大木の桜並木を見てあれば さくら色なり身の内までも

 白と黄の山吹を見て 道灌の古事を思へりこころ憂き日は

 九十三(くじふさん)歳の友が見舞いに来て呉るる この嬉しさに涙とまらず

 押し車押しつつ友の帰りゆき その背にわれはただ手を合わす

 津波来て四年四箇月を 友の母いまだも海の底ひに在(ま)さむ

 生きてゐるうちに喜びくれにけり 園長になれましたといふ次女の報告

 白じろと高砂百合は咲き出でて 愛でたる女(ひと)のおもかげ顕たす

もどる
つぎへ