「何時も元気に」〜濤声短歌会 2016NO.133 「春号」 p9

 申年の弟逝きて十年(ととせ)経つ八十七(はちじふしち)歳は元気に生きむ

 紅白の蟹サボテンの咲き出でて六十糎に広がりにけり

 おはやうさん何時も元気に声掛けて呉るる生徒に有難うと言ふ

 それぞれの色にブーゲンビリア咲き夕闇照らす明るきさまに

 病院は知らぬ言葉が多すぎるスマホで見ればその場で納得

 夕闇の迫り来たれる空仰ぎ明日も生き得る希望湧き出づ

 雨の日を合羽着て散歩する犬は驚くわれを見返してをり (ゴールデンリリー)

 唐辛子の小さき花が咲きました師走八日に意味のありげに

 次女夫婦はアメリカ孫はオランダにて正月ぐらゐはみな家に居よ

もどる
つぎへ