「感謝は尽きず」〜濤声短歌会 2017NO.137 「春号」 p10

 酉年の兄は征きたるままなれどわれの裡 には語りかけくる

 隣り家の夕顔十(とお)ほど咲きにけりわれの心も純白となる

 「秋映」(あきばえ)のりんごを食めば思ほへりひと日畑にて作業する人ら

 白菊は丁字といふなり赤いろのフレスコの花びら秋桜(コスモス)に似て

 大輪の紫に白の鉢の菊あさ夕見つつ癒されてゐる

 あしながに新蕎麦食めり 死のふちより五度も還り来しこと感謝は尽きず

 総会の写真を撮らるるご主人と先生の睦まじかりし彼のとほき日よ

 イギリスへ長女夫婦行き次女は留守 長の男(を)の子を待むわれらは

 九十四歳(くじふし)の友の見舞ひに励まされ生き長らへむ新しき年

もどる
つぎへ