「イギリスの曾孫」〜濤声短歌会 2017NO.139 「秋号」 p5

 寒き日を六(む)たびの入院なしにけり家にて死にたきものよと思ふ

 短歌(うた)の友夢に出できてわが知らぬ花の名前を教へくれたり

 生きをれば「隅田の花火」とふ紫陽花を手に沁みじみと見ること叶ふ

 山椒の実を一升もぎし日を実家に来たりて思ひ出だせり

 兄夫婦いま亡き実家の屋敷うち車椅子にて巡る 柿・無花果が生(な)る

 甥二人課長になりしが載る新聞のことを告げたり亡き兄妹 (市役所にて)

 ゆすらうめ・ジンジャー茗荷手入れなきわが庭なれど緑きらめく

 イギリスに曾孫が生まれメールにて話せば孫は我に似とるぞ

 ベビイバスに孫が夫と児を入るる幸せさうにあれば安堵す

 ダニエル・グランツといふ曾孫(ひこ)は太陽と呼び名の加はり

 「ダニエル・太陽・グランツ」となる

もどる
つぎへ