濤声短歌会 創刊三十五周年記念特集

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私は昭和四十九年、秦野の大会で温井先生を知り、そのお人柄に惹かれ

友人五人と一緒に濤声に入会しました。

秦野支部も出来、先生においで頂き楽しい勉強会をしましたが

仲間の都合でやがて解散しました。

平成二十四年に心筋梗塞を発症し、以来八ヶ月、五回の手術

入退院も六回にも及びましたが、入院中は短歌を詠み誦することで、

穏やかな日々をすごすことが出来ました。

今は自宅から週二回のデイケアに通っています。

濤声に詠草を提出するのを楽しみに、これからも短歌に

励んでゆきたいを思います。

先生、皆さん、これからもよろしくお願い致します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「今年も生きる」〜濤声短歌会  2018NO.141 「春号」 p

 紅白のばらの鉢植いただきぬ 農協よりの米寿の祝

 イギリスの曾孫が笑顔に粥を食む 為すことすべて日本式なり

 戌年の長の子が家族を看とる家 心労思へば自立をしたし

 わがこころ水の如くよ 青空をけふも仰ぎて静かに暮るる

 立冬の空を仰ぎて誰れ彼れに 今日まで生き来しことをば謝せり

 

もどる
つぎへ