濤声短歌会 創刊三十五周年記念特集 自選25首 その1

2018NO.141 「春号」 p14

馬に乗り征きたる兄の凛々しかる昭和十七年の時は帰らず

恋もせず征きたる兄を大好きで嫁になりたしと言ひし女(ひと)あり

朝早き散歩の帰りに逢ふ犬が庭に入り来て挨拶をする

隣家のひとの作れる食はみなまことに旨し今日もいただく

園児らの大勢行きつつ親子してわれに手を振るみなお辞儀して

さはやかな五月の風に揺れやまぬ蛍袋に向日葵あまた

紫陽花を紙に折りたりわが作るカレンダーに六月の花として貼る

ありがたう皆々様に感謝ですわたしは癒えてダイアモンド婚迎ふ

障子紙にわれの好みの桜ばな散りばふものと張り替へにけり

水甕の水飲みに来る雀子の二口ほど飲みわれをみてゐる

 

もどる
つぎへ