濤声短歌会 創刊三十五周年記念特集 自選25首 その2

2018NO.141 「春号」 p14 

酪農の仕事ひとすぢ妹夫婦いま表彰さる県民功労賞を

酪農に嫁ぎて五十余年妹は夫もろともに牛を守りし

五十年前は百頭の牛飼ひし妹よ義親御(おやご)の教へ守りて

モロッコへ一週間の旅する妹はわれに死なないでと言ふ

日々空を仰ぎてをれば沁みじみと先生の短歌(うた)が心にひびく

葬式をすでに終へたる友の母二年九か月を海の底ひに(南三陸)

三年を海の中なる友の母 南三陸に波風のたつ

生きるのも大変と言ふ人のありわれは生きぬく事を思ひぬ

生きをれば「隅田の花火」とふ紫陽花を手にしみじみと見ること叶ふ

我が町の甘き苺に幼き日の木苺の酸ゆきが蘇へりけり

 

もどる
つぎへ