濤声短歌会 創刊三十五周年記念特集 自選25首 その3

2018NO.141 「春号」 p14

唐辛子の小さき花が咲きました師走八日に意味のありげに

次女夫婦はアメリカ孫はオランダに正月くらゐはみな家に居よ

阿夫利嶺の象徴ともする桜なり濃きも淡きも咲き誇るごと

電気釜に粥を炊くこと教へると孫の言ひたりはるかなる日よ

食ぶることと睡眠をとる日々なりて能なしわれは陽の出を待てり

もどる
つぎへ